コンテンツへスキップ

被相続人(又はその相続人)が世帯主でなくても法定相続情報は、筆頭者に関わらず法定相続にが代表して準備して法定相続情報一覧図を複数枚発行できます。
もし被相続人の記録された戸籍謄本などの書類は還付されます。このため作成のための公文書は再交付の申出に使用することもできます。
流れとしては、法定相続人の確認後は、法務局より各相続人から預かった書類の還付を希望する場合は返却されます。
法定相続情報一覧図は相続内容などを容易に確定するために戸籍謄本を改めて確認しないように,作成する書類です。書類作成後は、戸除籍謄抄本も返却をしてほしい場合は作成後に返却されますので、申出書の記入,登記所へ申出と合わせて行います。
被相続人の戸籍の記載などから相続人は相続人であると確定します。申出書に相続するかどうかの決定は記載されません。持分割合も記載されません。
このために必ずしも遺産分割の話し合いはいりませんが、相続内容を話し合うときは、相続人らがすべてまたは一部をだれが相続しなければならないかを遺産分割協議の結果によって決めます。法定相続情報証明書を代理人に依頼する際の流れとしては、戸籍謄本を代理人が集めるため、自分で何度も準備する必要はありません。
書類は,管轄の登記所へ申出でて、その後、発行される法定相続情報は、遺族年金等手続や、預金解約などに利用いただくために戸籍謄本のかわりに使用できます。
法定相続情報証明制度の具体的な手続について、法務局のウェブサイトで相談するよりも専門家に代理する方が安心です。
一覧図を誤りなく作成するためには必要のある公文書の書類を用意したうえで、本人確認書類も法務局に提示します。(運転免許証の表裏両面のコピー、マイナンバーカードの表面のコピー,運転免許経歴書のコピー、パスポートのコピー,在留カードの表面のコピー,住民票記載事項証明書(住民票の写し)の公的書類)
法務局で作成を担当する登記官から不備について見直しするよう求められる場合があります。指示されたにもかかわらず,修正がない場合は申請は却下されます。このとき還付を希望してるときは必要書類のうち一部を,相続人に返戻されます。
ここまでの書類を提出し連続した書類が認められたら,法定相続情報証明が発行となります。具体的な相続手続では,戸籍謄本を毎回集めて併せて提出する手間が無くなりました。
なお死亡日から3か月経過した後は相続放棄できませんが、相続放棄に関わらず法定相続情報一覧図には名前が記載されます。すでに亡くなっている相続人は記載されません。代襲相続人がいるときは代わりに記載します。法定相続情報一覧図の原案を用意したら相続手続全般に使用できるように、法定相続人のうち作成した人の相続人の記名・押印をします。
したがって、利用にあたっては戸籍謄本の代わりになりますが、遺産分割協議書の代わりにはなりません。
再交付は、法定相続情報一覧図を提出していた法務局にすることができます。
申出書を記入したのちに提出する、登記所は、死亡したときの住所のある登記所、本籍地のある登記所、不動産のある登記所です。当初の申出を行う場合、遺言書の有無の確認や,相続放棄の申述は不要です。
死亡届を提出していない場合は,戸籍謄本に死亡が記載されないため、必要な書類を提出しても正しい法定相続情報になりません。つまり法定相続制度は死亡後にはじめて申出て、資料も探して作ります。
書類を作成したあとは、相続などの自宅に保管することになりますので,この後に再交付をしたい場合は,申出人だけが登記所に戸籍謄本を提出する必要なく申請できます。
そして、提出先の機関に一度は戸籍謄本一式を法務局に申出をしたものに登記官の捺印された書類で作成されるので、正式に銀行解約や生命保険金の受取で使うことができます。
See Also
法定相続情報について
法定相続情報チラシ
相続手続きオフィス
遺産分割調停を申し立てる方へ|裁判所
酒類等の製造者の相続|国税庁

相続する財産には借金も含まれます。
相続財産は、不動産や預金の引継ぎを考える相続人が多く、遺産分割協議書を作成して相続をしますが、借金があるときはどうなのでしょうか。
相続人は借金を返済する必要ががあるので、亡くなった被相続人に借金があることを調査しておくことが大事です。
相続財産のなかに借金がある場合には遺産分割協議が終わる際に、共同相続人のうち、誰が借金を引き継ぐか決めても、貸した側が認めない限り相続人全員が引き継ぐことになります。
これは法定相続分と言われている法律で決まっている割合に応じて、正の相続財産も負の相続財産も共有している内容を引き継ぐと規定されているからです。
相続財産のうち借金はどのようにして、調査するかが問題です。
よくある一つの方法は、銀行の預金通帳をみて支払いのうち借り入れが引き落とされないかを確認するものがあります。
他には、亡くなった人あてに発送される郵便物の中に、請求書や、督促状がないかを調べてみる方法もあります。
なかには借り入れた信用情報を登録する信用情報機関に調査書を出せば、借り入れているものが一覧で発行されるやり方もあります。
個人同士での借り入れの場合は、調べようがないようで、支払いの請求があったときに対応することになりそうです。
借金の調査は、弁護士や司法書士が依頼を受けてくれ、対応してくれます。
どれだけ借金があるか判明した後は、借金を払うことになります。

相続財産のうち借金については、遺産分割協議書作成に適していません。
借金は貸した人が同意をしないと、相続人同士の話し合いで決めた借金の引き受けは無効になります。
相続人は法律の割合で等しく借金を引き継ぐことになるため、相続人の全員に支払い義務が発生し、貸主からの請求があると応じなければなりません。
被相続人が残した正の相続財産よりも、負の相続財産のほうが大きい場合は、借金を返済するよりも相続放棄をする人が多いようです。

公正証書遺言とは公証人が作成します。
公正証書遺言は公証人役場で公証人に作成してもらう遺言書なので、いきなりその場で作成するということはできず条件や費用、デメリットを事前に確認しておく必要があります。
公正証書とは、当事者に頼まれて第三者である公証人のチェックを受けるため、遺言そのものが無効にならないことや紛失偽造の危険がないメリットがある点をよく知っておく必要があります。
公正証書遺言は公証人役場で立会人を用意して公証人の面前で作成してもらう遺言書なので、前もって準備が必要です。
公正証書遺言は、法律のプロである公証人のチェックを受けるためどのように遺言を残したいかを考え、原案を作成し、遺言そのものが無効にならないよう、相続財産の書類や戸籍謄本を収集しておかなければなりません。
自分が出書きで作成する自筆証書遺言は、保管の問題があるため当事者に頼まれて第三者が保管中に紛失偽造をする恐れがあり、公正証書遺言は最近とても需要があるといえます。
公正証書遺言は弁護士や司法書士の費用がかかり、作成までに時間がかかるのが欠点ですが、必要書類を提出し、文案を決めたうえで、日程調整をして、作成をするという流れになります。

誰もが自分が亡くなる場合を想像できないはずです。しかし亡くなった時のことを考えると、表現や内容などがあいまいな場合は残された家族の気持ちを伝えきれず、相続争いの元になるためが必ずしもいい結果を生むことになりません。遺言書の作成をして気持ちをしっかりあらわして付言事項を付けて作成しなければ、遺言書が残された家族の気持ちを逆なですることにもなりかねません。相続人が遺言者の亡くなった後も親族円満に暮らしていくよう弁護士や司法書士に文案を作成してもらい、揉めないような遺言書にしておくと良いでしょう。全部を相続人の一人に相続させると、トラブルになるため、相続の遺留分を残された家族の気持ちを傷つけないようにすべきです。
遺言書を作成する場合は、兄弟間の争いの元となるケースも少なくありません。注意が必要です。